無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 初代内閣安全保障室長・佐々淳行 韓国大統領の海賊退治を見習え | トップページ | 民主党綱領、主導権バトル 岡田氏サイドは仙谷氏警戒 »

2011年1月28日 (金)

国旗国歌強制、二審は合憲 東京高裁、教職員ら逆転敗訴

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012801000468.html
国旗国歌強制、二審は合憲 東京高裁、教職員ら逆転敗訴

2011年1月28日 14時11分

 起立、斉唱の強制を違憲とした一審判決を取り消し合憲との判決が出され、「不当判決」の垂れ幕を掲げる原告側弁護士=28日午後1時23分、東京・霞が関の東京高裁

 東京都立高校などの教職員ら395人が、都と都教育委員会に対し、入学・卒業式で日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱する義務がないことの確認や損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は28日、起立、斉唱の強制を違憲とした一審判決を取り消し合憲と判断、請求を全面的に退けた。

 原告は都立高校、盲・ろう・特別支援学校の教職員やその退職者。逆転敗訴となり、上告の意向だ。

 都築弘裁判長は「一律に起立、斉唱するよう求めた都教育長通達には合理性があり、思想・信条・良心などの自由を定めた憲法に反せず、教育基本法が禁じる『不当な支配』にも当たらない」とした。

 2006年9月の一審東京地裁判決は、懲戒処分してまでの強制を「思想良心の自由を侵害する」として違憲、違法と判断。原告全員に1人3万円の支払いを都に命じ、在職中は義務のないことや処分の禁止なども認めたため都側が控訴した。

 一審は、日の丸、君が代を「宗教的、政治的にみて、国民の間で価値が中立的と認められるまでには至っていない」と指摘。都教育長の通達や各校長による職務命令は、教育基本法で禁じられた「不当な支配」とした。
(共同)

« 初代内閣安全保障室長・佐々淳行 韓国大統領の海賊退治を見習え | トップページ | 民主党綱領、主導権バトル 岡田氏サイドは仙谷氏警戒 »

民衆の運動」カテゴリの記事