無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 前原外相:菅首相後継に意欲? 「日本良くしたい」 | トップページ | 支持拡大に手詰まり感=次期衆院選に活路-みんなの党 »

2011年1月30日 (日)

強制起訴 離党せず 小沢氏

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011013002000032.html
強制起訴 離党せず 小沢氏

2011年1月30日 朝刊

 民主党の小沢一郎元代表は二十九日、福島県二本松市で開かれた党所属議員の会合であいさつし「政治は私一人がいくら頑張ってもできない。志を同じくする同志がたくさんいて、同志と力を合わせて初めて実現できるのが民主主義だ」と述べ、近く予想される強制起訴後も党にとどまる意向を強く示唆した。

 党代表当時の選挙にも触れ「ほぼ連戦連勝で政権交代までつなげることができた」と実績を強調。自らの政治資金問題についても「いろいろとご迷惑とご心配を掛けてばかりだが、国民の生活が第一という政治を現実にしていくために、今後とも全力を尽くしたい」と意欲を示した。

 小沢氏は起訴後に記者会見を開き、離党も議員辞職もしない方針を表明する見通し。菅直人首相(党代表)は自発的離党を促した上で、応じなければ離党勧告や党員資格停止などの処分を含め圧力を強めるとみられ、攻防が激化しそうだ。

« 前原外相:菅首相後継に意欲? 「日本良くしたい」 | トップページ | 支持拡大に手詰まり感=次期衆院選に活路-みんなの党 »

「国内情勢」カテゴリの記事