無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 対北朝鮮で連携確認=日米防衛相が会談 | トップページ | 安保協力協議進展で一致 米国防長官、前原外相と会談 »

2011年1月13日 (木)

ミサイル第三国移転、年内に結論=対北朝鮮で連携、同盟深化加速-日米防衛相が会談

トンデモナイ話だ。武器輸出3原則の例外の拡大を米国の圧力で防衛相が勝手に約束するような問題ではない。菅内閣のタガはガタガタだ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011011300451
ミサイル第三国移転、年内に結論=対北朝鮮で連携、同盟深化加速-日米防衛相が会談

 北沢俊美防衛相は13日午前、ゲーツ米国防長官と防衛省で約1時間会談した。ゲーツ氏は日米で共同開発中の次世代型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)について、日本の武器輸出三原則の例外とし、第三国への移転を認めるよう要請。北沢氏は同ミサイルの例外化を政府内で検討していることを伝達した上で、今年中に結論を出すと伝えた。また、北朝鮮問題に関し、日米韓3カ国が連携して対処することを確認した。
 北沢氏は在日米軍基地が集中する沖縄県の負担軽減策について、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)所属の戦闘機訓練の一部を米領グアムへ移転させるための日米協議を加速させたいとの意向を示した。
 会談後、両氏は共同記者会見を行い、今春の菅直人首相の訪米に向け、日米同盟の深化に関する協議を加速させる考えを表明した。 
 これに先立ち、ゲーツ氏は外務省で前原誠司外相と会談し、沖縄の基地負担軽減について「普天間代替施設の問題の進展に従って実施していきたい」と述べ、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設の進展が前提との考えを強調。両氏は緊張状態が続く朝鮮半島情勢などを踏まえ「アジア太平洋地域での米軍のプレゼンスの重要性は増大している」との認識で一致した。
 ゲーツ氏は前原外相との会談に続き、首相官邸に首相を表敬訪問した。(2011/01/13-13:51)

« 対北朝鮮で連携確認=日米防衛相が会談 | トップページ | 安保協力協議進展で一致 米国防長官、前原外相と会談 »

日米関係」カテゴリの記事