無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 空母艦載機訓練 鹿児島・馬毛島に移転へ 政府検討、米側は難色 | トップページ | ミサイル対処、島嶼防衛=半島緊迫下に密接連携強調-日米共同演習が終了 »

2010年12月11日 (土)

半島有事、自衛隊派遣も検討=周辺は否定-拉致被害者救出-菅首相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010121000928
半島有事、自衛隊派遣も検討=周辺は否定-拉致被害者救出-菅首相

 菅直人首相は10日夜、朝鮮半島有事の際に北朝鮮による拉致被害者を救出するため、自衛隊派遣の可否を含めて政府内で議論していると説明した。都内のホテルで開かれた拉致被害者家族らとの懇談で語った。拉致被害者救出のために自衛隊を活用することは、拉致被害者家族会と支援団体の「救う会」が政府に要望していた。
 首相は席上、北朝鮮による韓国砲撃事件に触れて「一触即発の状況も生まれてきた」と指摘。「(拉致被害者の)救出に直接自衛隊が出て行って、向こうの国(韓国)の中を通って行動できるルールはきちんとは決まっていない。きちっと救出活動にも携われるような、日韓の間における決め事などもしっかりしていきたいと考えながら、今いくつかの議論を進めている」と述べた。
 ただ、自衛隊活用の議論が政府内のどのレベルで行われているかは不明。首相周辺は「検討していない」とし、防衛省幹部も「防衛省内で検討している事実はない」と語った。
 懇談に同席した東祥三内閣府副大臣(拉致問題担当)は、首相の発言について「何らかのことが起こったときに、ありとあらゆる手段を尽くして拉致被害者を救出するという決意の表れだと思う」と指摘した。 (2010/12/11-00:08)

« 空母艦載機訓練 鹿児島・馬毛島に移転へ 政府検討、米側は難色 | トップページ | ミサイル対処、島嶼防衛=半島緊迫下に密接連携強調-日米共同演習が終了 »

「国際情勢」カテゴリの記事