無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本の南西諸島の防衛力強化に懸念表明 中国大使会見 | トップページ | 岡田氏「来年の党大会までに検討体制」 民主党綱領 »

2010年12月 9日 (木)

戦車200両削減…その予算で南西諸島防衛強化

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101209-OYT1T00608.htm
戦車200両削減…その予算で南西諸島防衛強化

 防衛省は9日、今後10年程度の防衛力整備の基本となる新たな「防衛計画の大綱(防衛大綱)」で、陸上自衛隊の戦車数を現大綱(2004年策定)の「約600両」から200両削減し、「約400両」とする目標を、主要装備の目標数などを盛り込む「別表」に明記する方針を固めた。

 厳しい財政状況の中、南西諸島の防衛強化に予算や人員、装備を振り向ける狙いがある。

 「約400両」の目標が実現すれば、戦車本体だけで1000億円以上の歳出削減効果があるとみられている。戦車の目標数は、1995年策定の大綱に記された「約900両」からはおよそ半減となる。現状の戦車数は約790両で、政府内には、来週中の閣議決定を目指す新大綱で、一層の削減明記を求める声もある。
(2010年12月9日14時31分  読売新聞

« 日本の南西諸島の防衛力強化に懸念表明 中国大使会見 | トップページ | 岡田氏「来年の党大会までに検討体制」 民主党綱領 »

「国内情勢」カテゴリの記事