無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出見直しは不要=国民新・亀井氏 | トップページ | 大連立ダメとは考えていない…首相会見要旨 »

2010年12月 7日 (火)

福島党首、首相に「私がぶち切れないように」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101206-OYT1T01250.htm
福島党首、首相に「私がぶち切れないように」

 政府・民主党内には、社民党との連携で「安全保障政策が骨抜きにされかねない」との懸念も出ている。

 福島氏は6日の党首会談で、政府・民主党が検討している武器輸出3原則の見直しについて、「(現在の)3原則を堅持してほしい」と繰り返し要求した。

 首相は「社民党と協議したい」と表明し、民主党の岡田幹事長も「政策論だけでは論じられない問題だ」と述べ、社民党に配慮する考えを強調した。

 民主党がまとめた新大綱への提言は、厳格な武器輸出管理規制を講じる北大西洋条約機構(NATO)加盟国との共同開発・生産を可能にする――などの新たな3基準を打ち出し、6日の党常任幹事会で了承されたが、岡田氏らは見直しに「留保条件」を付けた。

 首相や岡田氏の“融和”姿勢に民主党内からは沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題への波及を危ぶむ声も出始めた。

 社民党は、同飛行場を名護市辺野古に移設するとした5月の日米合意に反発して連立政権を離脱した。その急先鋒(せんぽう)だった福島氏は、6日の党首会談でも早速県外移設を求め、「私がぶち切れなくてすむようによろしくお願いします」と訴えた。

 民主党内では「社民党に3原則で譲ると、二歩、三歩と譲らなければならなくなる。安全保障政策で歩み寄れないことを首相は分かっているのか」(保守系議員)との声が漏れている。
(2010年12月7日02時05分  読売新聞)

« 武器輸出見直しは不要=国民新・亀井氏 | トップページ | 大連立ダメとは考えていない…首相会見要旨 »

「国内情勢」カテゴリの記事