無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米海兵隊が演習の事前調査/地元住民ら抗議 | トップページ | 仙谷「甘受」発言、沖縄タイムス・琉球新報社説 »

2010年12月14日 (火)

予算、社民との合意断念 普天間移設費などで溝

これでいいと思う。交渉もたたかいだ。なにもしないでいいわけはない。たたかいにはさまざまな形がある。しかし、原則は譲れないのだから。そこをゆずれば、自らが崩れる。(高田)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010121402000196.html
予算、社民との合意断念 普天間移設費などで溝

2010年12月14日 夕刊

 民主、国民新、社民三党の政策責任者は十四日午前、首相官邸で二〇一一年度予算編成について協議した。米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設に関する予算計上や、法人税減税で社民党と折り合わず、合意取りまとめを断念した。

 菅直人首相は衆院での再可決を視野に、社民党との連携強化に乗り出し、その第一弾として三党間協議が進められていたが、政策面の隔たりの大きさがあらためて浮き彫りになった格好だ。

 協議では、社民党の又市征治副党首が普天間問題に関し「県知事も県外移設と言っており、辺野古に新基地を建設する予算は認められない」と強調。国民新党も慎重な対応を民主党に求めた。これに対し、民主党の城島光力政調会長代理は「日米合意もあるので、計上せざるを得ない」と、社民党側の要望を拒否した。

 

菅直人首相が十三日に決めた5%の法人税減税についても、社民党は「大企業の内部留保がたまるだけで、現状での法人税減税には反対する」と主張。さらに減収分が新たな国民負担になるとして「予算案への賛成は、とても検討できなくなる」とした。国民新党も法人税減税に反対した。

 協議後、社民党の又市氏は記者団に「協議は今日で終わりだ。三党で何かを合意することではない」と述べた
。民主党の城島氏は「社民党とはこれからも、個別に必要に応じて協議することになると思う」と強調した。

« 米海兵隊が演習の事前調査/地元住民ら抗議 | トップページ | 仙谷「甘受」発言、沖縄タイムス・琉球新報社説 »

「国内情勢」カテゴリの記事