無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政府、新防衛大綱の最終案を大筋了承 | トップページ | 北東アジアの緊張の下で/過去最大規模の統合実動演習/刃研ぐ 米軍・自衛隊 »

2010年12月10日 (金)

参院定数を100に削減=みんなの党が改革案

なんだ、これは。みんなの党に都合がいい「わたマンダー」じゃないの。こんなに議員を減らして、米国上院のまねのつもりだろうけれど、これでは多様な民意が反映しにくくなるのは明白だ。議員の数を減らせばいいってもんじゃないよ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010121000586
参院定数を100に削減=みんなの党が改革案

 みんなの党は10日、参院の議員定数を現行の242から100へ削減するとともに、選挙区を廃止して比例代表(非拘束名簿方式)に一本化する改革案を発表した。近く西岡武夫議長に提言する。
 改革案は、7月の参院選で選挙区間の「1票の格差」が最大5倍に達し、東京高裁が違憲判断を示したことを踏まえた。具体的には、比例代表を衆院と同じように北海道から九州(沖縄を含む)の11ブロックに区分。これにより、ブロック間の1票の格差は最大1.42倍にまで縮小できるという。(2010/12/10-16:02)

« 政府、新防衛大綱の最終案を大筋了承 | トップページ | 北東アジアの緊張の下で/過去最大規模の統合実動演習/刃研ぐ 米軍・自衛隊 »

「国内情勢」カテゴリの記事