無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« [コザ騒動40年]今も続く理不尽な状況 | トップページ | 沖縄知事、施設返還の切り離し要請=外相は困難と回答-普天間移設 »

2010年12月21日 (火)

普天間日米合意「見直しを」6割 朝日新聞世論調査、結果は市民投票に類似

少し古いデータですが、朝日の世論調査の結果が私たち市民運動のシール投票の結果と類似しているので、面白いと思いました。本土でも普天間基地の撤去、国外移設、県外移設の声が圧倒的に多いですね。
ちなみに、私たちのデータは次のようでした。全国35カ所の市民投票(6749人)で、沖縄・普天間基地の名護移設に反対が72.47%、賛成は8.33%、わからないは19.20%。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/1215/TKY201012150512.html?ref=any
普天間日米合意「見直しを」6割 朝日新聞世論調査

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古にするとした今年5月の日米合意について、朝日新聞社が全国世論調査(面接)で聞いたところ、「見直して米国と再交渉する」が59%に上り、「そのまま進める」は30%にとどまった。地元沖縄だけでなく、国民の多くが合意の見直しを求めている現状が浮かび上がった。

 支持政党別にみると、民主支持層の61%、無党派層の62%が「見直し」を求めた。自民支持層では「見直し」が47%だったが、「そのまま進める」の41%を上回った。

 「日米合意を見直す」と答えた人にどうしたらよいと思うか、三つの選択肢から選んでもらうと、「国外に移設する」が51%と最も多く、「沖縄県以外の国内」が32%、「沖縄県内の別の場所」が12%だった。

 調査では、沖縄に米軍の基地や施設が集中している現状についても聞いた。「沖縄に犠牲を強いていることになり、おかしいと思うか。それとも地理的、歴史的にみてやむを得ないと思うか」という質問に、「おかしい」が48%、「やむを得ない」が45%で見方は拮抗(きっこう)している。

 「おかしい」という人のなかでは、日米合意を「見直して米国と再交渉する」と答えた人が76%と高かったが、「やむを得ない」という人のなかでも、「そのまま進める」と「見直し」がそれぞれ45%、46%で並んだ。

 沖縄の米軍基地などを整理縮小するため、一部を国内の他の地域に移すことについては「賛成」の57%が「反対」の28%を大きく上回った。

 調査は全国3千人の有権者を対象に4、5日に行い、回答率は67%だった。(斎藤恭之)

« [コザ騒動40年]今も続く理不尽な状況 | トップページ | 沖縄知事、施設返還の切り離し要請=外相は困難と回答-普天間移設 »

日米関係」カテゴリの記事