無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 丹羽大使、対中ODA強化具申 尖閣衝突受け「経済、交流関係改善に有効」 | トップページ | 射撃訓練実施に悩む韓国 北朝鮮の挑発、見極め難しく »

2010年12月19日 (日)

南北朝鮮に自制要求=中ロ外相が電話会談

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101219-00000010-jij-int

南北朝鮮に自制要求=中ロ外相が電話会談

時事通信 12月19日(日)6時18分配信
 【北京時事】中国の楊潔※(※=タケカンムリに褫のつくり)外相は18日夜、ロシアのラブロフ外相と電話で会談し、緊迫している朝鮮半島情勢に関し、南北朝鮮に対して冷静かつ自制的な態度を要求することで一致した。中国外務省が19日未明、ウェブサイトで明らかにした。
 楊外相は「朝鮮半島情勢がにわかに緊張し、さらに悪化する可能性がある」として「情勢を激化させるいかなる行為にも反対する」と表明。関係国が対話と協議を通じて、平和的な方法で紛争を解決するよう主張するとともに、事態が悪化して制御できなくなることを回避し、北東アジアの平和と安定を維持するため、ロシア側と密接に協調する考えを示した。
 ラブロフ外相も「中国側と共に、半島情勢の緊張緩和に積極的な努力をしたい」と応じた。 

« 丹羽大使、対中ODA強化具申 尖閣衝突受け「経済、交流関係改善に有効」 | トップページ | 射撃訓練実施に悩む韓国 北朝鮮の挑発、見極め難しく »

「国際情勢」カテゴリの記事