無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ミサイル対処、島嶼防衛=半島緊迫下に密接連携強調-日米共同演習が終了 | トップページ | [沖縄と朝鮮半島]軍事の突出を憂慮する »

2010年12月11日 (土)

PAC3全国展開へ、戦車など減 防衛大綱別表案が判明

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010121001000827.html
PAC3全国展開へ、戦車など減 防衛大綱別表案が判明

2010年12月11日 02時02分

 政府が来週にも閣議決定する2011年度からの新たな「防衛計画の大綱」別表案が10日、判明した。弾道ミサイルを下降段階で迎撃する航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を全国に配備。陸上自衛隊の戦車を現在の約600両から約400両、火砲を約600門から約400門にそれぞれ削減する。複数の政府、自衛隊関係者が明らかにした。

 海上自衛隊のイージス艦のうち、弾道ミサイル迎撃の機能を搭載するのは現在4隻だが、残りの2隻にも同じ機能を持たせる。PAC3の全国配備と併せて、北朝鮮の弾道ミサイルへの防衛強化が必要と判断した。沖縄県・南西諸島での警戒監視強化のため海上自衛隊の潜水艦を現在の16隻から22隻に増強する方針も既に固まっている。
(共同)

« ミサイル対処、島嶼防衛=半島緊迫下に密接連携強調-日米共同演習が終了 | トップページ | [沖縄と朝鮮半島]軍事の突出を憂慮する »

「国内情勢」カテゴリの記事