無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 参院選11ブロック案 民主検討、一票の格差1.19倍 | トップページ | これが言いたい:尖閣諸島「領土問題は存在しない」から脱却を »

2010年12月 2日 (木)

防衛大綱、「動的防衛力」掲げる…均等配置転換

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101201-OYT1T01350.htm
防衛大綱、「動的防衛力」掲げる…均等配置転換

 政府が今月策定する新たな「防衛計画の大綱(防衛大綱)」をめぐり、柱となる理念が1日、明らかになった。

 今後の防衛力整備の基本方針として「動的防衛力」を掲げる。東シナ海などで活発化する中国の海洋活動への対応として、鹿児島~沖縄両県にまたがる「南西諸島」という具体的な地域を盛り込んで重点配置することも固まった。

 「動的防衛力」は、特定の脅威や事態に対応して、自衛隊の部隊を機動的に運用する態勢作りを目指すものだという。日本が冷戦時代から重視してきた、原則として部隊を日本全国に均等に配置する「基盤的防衛力」の考え方を転換するものだ。限られた人的資源や装備を効果的に使うのが転換の狙いだという。
(2010年12月2日03時06分  読売新聞)

« 参院選11ブロック案 民主検討、一票の格差1.19倍 | トップページ | これが言いたい:尖閣諸島「領土問題は存在しない」から脱却を »

「国内情勢」カテゴリの記事