無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝日社説:防衛大綱決定―新たな抑制の枠組み示せ | トップページ | 産経【主張】新防衛大綱 日本版NSCを評価する »

2010年12月18日 (土)

新防衛大綱、中国が強い不快感を表明

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101217-OYT1T00799.htm
新防衛大綱、中国が強い不快感を表明

 【北京=佐伯聡士】中国外務省は17日、日本政府が東シナ海などでの中国の活動に警戒感を示す新防衛大綱を決定したことについて、「中国は平和発展の道を堅持し、防御的な国防政策を実施しており、いかなる人に対しても脅威となるつもりはない」と反論する報道官談話を発表した。

 その上で、「一部の国に、国際社会の代表を気取って、無責任に中国の発展をとやかく言う権利はない」と、強い不快感を表明した。

 「強大な海軍」を国家目標に掲げる胡錦濤政権は、遠洋能力向上を図るため、今年4月、沖ノ鳥島西方の太平洋上で実施した艦隊合同訓練を常態化させる方針を固めている。南西諸島周辺での日本の潜水艦増強などが障害になるとみて、警戒を強めている模様だ。

 中国紙「中国青年報」は17日、新大綱について「日本が専守防衛政策から離れるプロセスを加速し、(日本を)攻撃性を備えた軍事国家へと発展させるものだ」と非難する西安陸軍学院の専門家の論文を掲載した。
(2010年12月18日01時18分  読売新聞)

« 朝日社説:防衛大綱決定―新たな抑制の枠組み示せ | トップページ | 産経【主張】新防衛大綱 日本版NSCを評価する »

「国際情勢」カテゴリの記事