無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政府、武器輸出解禁視野に検討 新防衛大綱最終案に明記 | トップページ | 大連立、「救国国民会議」を提唱=自民・森氏 »

2010年12月16日 (木)

米国防長官が来月来日=同盟深化へ防衛協力協議

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010121600317
米国防長官が来月来日=同盟深化へ防衛協力協議

 ゲーツ米国防長官が来年1月中旬に来日し、北沢俊美防衛相、前原誠司外相とそれぞれ会談する方向で日米両政府が調整していることが16日、分かった。政府関係者が明らかにした。菅直人首相は来春訪米し、オバマ大統領と安全保障に関する共同声明の発表を目指しており、「同盟深化」に向け、共同声明に盛り込む具体策などを協議する見通しだ。
 ゲーツ氏は年明けの中国訪問に合わせて、日本も訪問する。北沢氏との会談では、北朝鮮による韓国砲撃を受け、朝鮮半島情勢に対する日米の防衛協力の在り方を協議。北沢氏は政府が策定する新たな「防衛計画の大綱」について説明する。米側は日米両国で共同開発中の海上配備型の次世代迎撃ミサイルを欧州に輸出したい意向で、ゲーツ氏が日本の武器輸出三原則の見直し状況について、説明を求める可能性もある。 
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題については、今後の移設スケジュールなどを意見交換。ゲーツ氏は沖縄県の説得をはじめ国内調整を急ぐよう求めるとみられる。(2010/12/16-11:41)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000043-mai-pol

<米国防長官>来月来日へ 日米同盟深化の共同声明で協議か

毎日新聞 12月16日(木)12時47分配信
 ゲーツ米国防長官が1月中旬に来日し、北沢俊美防衛相や前原誠司外相と会談する方向で調整していることが16日分かった。政府関係者が明らかにした。来春に菅直人首相が訪米し、オバマ米大統領との間で合意を目指す日米同盟深化の共同声明について協議するとみられる。

 ゲーツ氏は1月の訪中に合わせて訪日する意向。11月の北朝鮮砲撃事件を受け、日米間の防衛協力強化も話し合う予定。北沢氏は、政府が17日に閣議決定する「防衛計画の大綱」(防衛大綱)について説明する。

 米側は、日米両国で共同開発しているミサイル防衛(MD)の海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)の欧州輸出を要望しており、日本政府が大綱で武器輸出三原則見直しの明記を見送った経緯の説明を求める可能性もある。
【坂口裕彦】

« 政府、武器輸出解禁視野に検討 新防衛大綱最終案に明記 | トップページ | 大連立、「救国国民会議」を提唱=自民・森氏 »

日米関係」カテゴリの記事