無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器の国際共同開発、民主が参加容認 防衛大綱へ提言案 | トップページ | 普天間問題抜きで日米共同声明も 沖縄知事選受け前原氏 »

2010年11月30日 (火)

米政府、ミサイル輸出解禁を日本に要請…公電暴露

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000687-yom-pol

米政府、ミサイル輸出解禁を要請…公電暴露

読売新聞 11月30日(火)14時50分配信
 【ワシントン=小川聡】米政府が日米で共同開発中のミサイル防衛の次世代型迎撃弾「SM3ブロック2A」の欧州への輸出解禁を日本に求めていたことが、ウィキリークスに流出した米政府の文書で分かった。

 政府・民主党が武器輸出3原則見直しに着手する背景になった可能性もある。

 文書は、昨年9月に米国がSM3ミサイル防衛網を欧州に構築する新計画を公表する直前に、米国務省が各国との協議を各大使館に指示した外交公電。日本については「米国はミサイル防衛装備の将来的な売却を含む北大西洋条約機構(NATO)、欧州各国との防衛協力を目指す。日本の戦略的決断に協力したい」と伝えるよう指示している。

 日本政府関係者は30日、米側からこうした要請が実際にあったことを認めた。

« 武器の国際共同開発、民主が参加容認 防衛大綱へ提言案 | トップページ | 普天間問題抜きで日米共同声明も 沖縄知事選受け前原氏 »

日米関係」カテゴリの記事