無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器三原則見直しで素案=NATO念頭、輸出解禁-民主調査会 | トップページ | 防衛省:哨戒機P1、10機調達へ 対中警戒強化 »

2010年11月17日 (水)

最新の漁業監視船が尖閣海域へ=ヘリ搭載で偵察強化-中国

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010111600880
最新の漁業監視船が尖閣海域へ=ヘリ搭載で偵察強化-中国

 【北京時事】中国新聞社電などによると、中国の最新漁業監視船「中国漁政310」が16日、東シナ海の尖閣諸島海域に向け広東省広州を出航した。同国初のヘリコプター搭載の監視船で、海上での捜索・救助や偵察活動で機動性が大幅にアップするという。
 中国は、尖閣諸島沖で海上保安庁巡視船と中国漁船が衝突した事件を受け、自国漁船の保護を目的に同諸島周辺での監視活動を常態化する方針を表明。最新の監視船投入で、海洋権益保護に対する強い姿勢を示す狙いとみられる。 
 国営新華社通信(電子版)によれば、監視船は2580トンで、最高速度22ノット。農業省の李建華漁業局長は、「海洋権益を守る任務は今後、一層重くなる。さらに多くの先進的な監視船建造を計画している」と語った。
 漁政310は東シナ海での任務終了後、南シナ海に投入され、漁船保護活動の指揮に当たる予定。同通信は「南シナ海の海洋・漁業権益を防衛する新たな有力武器になる」と伝えている。(2010/11/16-19:55)

« 武器三原則見直しで素案=NATO念頭、輸出解禁-民主調査会 | トップページ | 防衛省:哨戒機P1、10機調達へ 対中警戒強化 »

「国際情勢」カテゴリの記事