無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 主要任務に「協調的安全保障」=新戦略概念採択―NATO首脳会議 | トップページ | 雑記(138)大分県・臼杵の磨崖仏 »

2010年11月20日 (土)

那覇の戦闘機30機に増強へ 中国視野、新大綱で防衛省

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111901000940.html

那覇の戦闘機30機に増強へ 中国視野、新大綱で防衛省

 防衛省が10年以内をめどに、航空自衛隊那覇基地の戦闘機を現行の約20機から約30機に増強し、1飛行隊から2飛行隊体制に改編する方向で検討していることが19日、複数の同省幹部の話で分かった。南西諸島の警戒監視機能も強化する。

 中国海軍の空母建造の動きなども視野に、対領空侵犯措置の緊急発進(スクランブル)能力を向上させ、緊迫時に周辺空域で航空優勢を確保するのが目的で、中国側の強い反発も予想される。

 年内に策定する新たな「防衛計画の大綱」に、「戦闘機部隊の充実」や「監視機能の強化」などと書き込む方向で、記述内容を調整している。

 那覇基地では2009年3月、F4戦闘機から高性能なF15戦闘機への切り替えが完了し、飛行隊には現在、約20機のF15が所属。防衛省はこの飛行隊の戦闘機を減らした上で、F15かF2戦闘機の飛行隊を新設する方針。時期によっては、次期主力戦闘機(FX)で編成する可能性もあるという。

 空自全体の12飛行隊、戦闘機約260機の体制は維持する方針で、那覇基地の増強と引き換えに、他の基地の飛行隊を2から1に減らすことを想定している。

« 主要任務に「協調的安全保障」=新戦略概念採択―NATO首脳会議 | トップページ | 雑記(138)大分県・臼杵の磨崖仏 »

「国内情勢」カテゴリの記事