無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 八ツ場ダム、中止前提の方針撤回 国交相「予断持たず検証」 | トップページ | 「石にかじりついても頑張る」=首相、政権担当に決意 »

2010年11月 8日 (月)

F35軸に12年度予算化へ 次期戦闘機で防衛省

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010110701000412.html
F35軸に12年度予算化へ 次期戦闘機で防衛省

2010年11月8日 02時02分

 防衛省は航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)について、次世代戦闘機F35を軸に2012年度予算の概算要求で調達経費を計上する方針を固めた。年明けに機種選定委員会を開いて調整を本格化させる。これに伴い、選定までの穴埋めとして検討していた現有戦闘機F2の追加調達を断念した。複数の防衛省、自衛隊関係者が7日、明らかにした。

 FX選定で防衛省は当初、F35開発の遅れや価格の高騰を受け、暫定措置としてF2の追加調達や現有の主力戦闘機F15の改修継続で対処する方向だった。だが軍事的にも台頭する中国に対して航空優勢を確保するため、レーダーに捕捉されにくいステルス性と超音速巡航能力を特徴とするF35など第5世代機導入の早急な決定が必要との判断に傾いた。40機弱の導入を想定している。

 中国はF15に匹敵する「殲11」など第4世代戦闘機を量産し、第5世代戦闘機の開発も目指している。このため、性能が比較的劣るF2の追加調達は抑止力や経費面で得策ではないとの分析も第5世代機経費計上の方針を後押しした。
(共同)

« 八ツ場ダム、中止前提の方針撤回 国交相「予断持たず検証」 | トップページ | 「石にかじりついても頑張る」=首相、政権担当に決意 »

「国内情勢」カテゴリの記事