無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 高校無償化 朝鮮学校一転棚上げ 手続き停止、首相が指示 | トップページ | 北の砲撃で非難決議=国会 »

2010年11月25日 (木)

国会会期、延長せず=郵政、派遣法は継続審議-政府・民主方針

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112500029
国会会期、延長せず=郵政、派遣法は継続審議-政府・民主方針

 政府・民主党は24日、2010年度補正予算案が26日に成立する見通しとなったことを受け、12月3日までの今国会会期を延長しない方針を固めた。郵政改革法案、労働者派遣法改正案、政治主導確立法案などの重要法案は、十分な審議日程が確保できないため、継続審議となる。
 今国会では、補正予算案のほか、補正関連法案の地方交付税法改正案、国家公務員の給与を人事院勧告通りに引き下げる給与法改正案が26日に成立する見通し。民主党幹部は24日、「補正成立のめどがついた。会期延長はない」と明言。別の国対幹部も「最低限の法案に見通しがついた」と語った。 
 柳田稔前法相の辞任や、中国漁船衝突事件などをめぐり菅政権の支持率が急落する中、政府・民主党は予定通り12月3日に国会を閉じ、11年度予算案の編成作業に全力を挙げ、失地回復を目指す。(2010/11/25-01:20)

« 高校無償化 朝鮮学校一転棚上げ 手続き停止、首相が指示 | トップページ | 北の砲撃で非難決議=国会 »

「国内情勢」カテゴリの記事