無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« シール投票結果~国会議員の皆さまへ | トップページ | 日韓、原子力協定に実質合意 原発共同輸出の可能性も »

2010年11月 5日 (金)

普天間撤回要請に政務三役応ぜず=「誠意ない」と批判-名護市長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010110500656
普天間撤回要請に政務三役応ぜず=「誠意ない」と批判-名護市長

 沖縄県名護市の稲嶺進市長と比嘉祐一市議会議長は5日午後、衆院議員会館で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設するとした日米合意の撤回を求める市議会の意見書提出に、内閣府などの政務三役が応じなかったことを厳しく批判した。
 会見で、稲嶺氏は「(政府の)対応に誠意が感じられない」と指摘。比嘉氏も「菅(直人)首相らは地元と誠意ある話をしたいと言っているのに、現実の対応はきょうみたいな結果だ」と不満を示した。
 稲嶺氏らは意見書の提出に際して政務三役が対応するよう、民主党の枝野幸男幹事長代理らに要請していた。しかし、枝野氏は「移設撤回は政府の方針に合致しない」として、面会の仲介を拒否。実際、内閣府では政策統括官が対応した。稲嶺氏らはこの後、外務、防衛両省も回る予定だったが、内閣府と同様の対応にとどまることが分かり、面会を取りやめた。(2010/11/05-16: 43)

« シール投票結果~国会議員の皆さまへ | トップページ | 日韓、原子力協定に実質合意 原発共同輸出の可能性も »

日米関係」カテゴリの記事