無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 主権棚上げで共同開発を=尖閣問題で改めて主張-台湾総統 | トップページ | 在外米軍を3分の1減員 国防費8兆円超カット »

2010年11月11日 (木)

アフガン医官派遣で調査団 防衛相が方針

http://www.asahi.com/politics/update/1111/TKY201011110221.html
アフガン医官派遣で調査団 防衛相が方針

 アフガニスタンへの自衛隊の医官の派遣をめぐり、北沢俊美防衛相は11日の衆院安全保障委員会で「(現地の)危険性の察知もなかなか明確にできないので、アフガン政府とISAF(国際治安支援部隊)の幹部とも話ができるくらい高いレベルで調査団を出させてもらいたい」と語り、日本政府として調査団を派遣する方針を明らかにした。佐藤茂樹氏(公明)の質問に答えた。

 政府は自衛隊の医官をアフガンに派遣し、北大西洋条約機構(NATO)が主体のISAFのプログラムで医師養成を行うことを想定している。佐藤氏は「戦闘をやっているISAFの指揮下に入ることは武力行使との一体化の恐れが出る」と指摘。安住淳防衛副大臣は「一体とならない活動が可能かどうかこれから検討を行う」と答えた。

« 主権棚上げで共同開発を=尖閣問題で改めて主張-台湾総統 | トップページ | 在外米軍を3分の1減員 国防費8兆円超カット »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事