無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 前原外相「タカ派」返上? お手本は中曽根元首相 | トップページ | 日ロ領土交渉/歴代政権の方針の根本的再検討を/志位委員長が政府に提起 »

2010年11月10日 (水)

“武器輸出三原則見直し 慎重に”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101110/k10015139251000.html
“武器輸出三原則見直し 慎重に”
11月10日 4時14分

民主党の有志の議員が会合を開き、外国への武器輸出などを原則禁じた武器輸出三原則について「拙速な見直しは日本の外交政策のなし崩し的な転換につながる」として、党の調査会に対し、慎重に議論を進めるよう申し入れることを決めました。

外国への武器や関連技術の輸出を原則禁じた武器輸出三原則をめぐっては、民主党の外交・安全保障調査会が「国内だけで自衛隊の装備品を開発するのは、コストや性能面で限界がある」などとして見直しに向けた検討を進めています。こうしたなか、三原則の見直しに慎重な民主党の有志の議員10人余りが9日会合を開き、講師を招いて外国への武器の輸出を認めた場合の問題点などについて意見を聴きました。そして会合では、日本は武器輸出三原則を国の方針とすることで国際社会での発言力を確保しており、拙速な見直しは憲法の平和主義に立脚した日本の外交政策のなし崩し的転換につながるなどとして、近く党の調査会に対し、慎重に議論を進めるよう申し入れることを決めました。

« 前原外相「タカ派」返上? お手本は中曽根元首相 | トップページ | 日ロ領土交渉/歴代政権の方針の根本的再検討を/志位委員長が政府に提起 »

「国内情勢」カテゴリの記事