無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ニュージーランド政府/米と新「戦略関係」宣言/市民批判に首相 “非核は継続” | トップページ | 朝鮮学校の無償化基準決定 教育内容問わず支給対象に »

2010年11月 6日 (土)

シリア「核施設」の攻撃検討=イスラエルの要請受け―前米大統領

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101106-00000026-jij-int

シリア「核施設」の攻撃検討=イスラエルの要請受け―前米大統領

時事通信 11月6日(土)7時57分配信
 【ワシントン時事】ロイター通信は5日、ブッシュ前米大統領が来週出版する回顧録「決断の瞬間」で、2007年にイスラエルの要請を受け、シリアが核開発を行っている疑いのある施設の攻撃を検討したことを明らかにしていると報じた。
 ブッシュ氏は情報機関から、シリア東部の砂漠地帯で、北朝鮮にある寧辺の核施設と同じような疑わしい秘密施設が存在するとの報告を受けた。シリアが北朝鮮の支援を受けて核兵器開発を行っているとの疑惑が浮上し、オルメルト・イスラエル首相(当時)から攻撃を要請された。
 国家安全保障チームで対応を検討し、空爆や特殊部隊による攻撃について議論した。しかし、中央情報局(CIA)のヘイデン長官(当時)から、施設に原子炉が設置されている可能性は高いものの、核兵器開発が行われている確証はないとの報告を受け、攻撃を見送った。

« ニュージーランド政府/米と新「戦略関係」宣言/市民批判に首相 “非核は継続” | トップページ | 朝鮮学校の無償化基準決定 教育内容問わず支給対象に »

「国際情勢」カテゴリの記事