無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国会会期、延長せず=郵政、派遣法は継続審議-政府・民主方針 | トップページ | ソマリア首都、2年で4千人犠牲 政府側に非と救急当局 »

2010年11月27日 (土)

北の砲撃で非難決議=国会

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112600734
北の砲撃で非難決議=国会

 衆参両院は26日午後の本会議で、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃を非難する決議をいずれも全会一致で採択した。「無差別とも呼べる砲撃は言語道断の暴挙。国際社会として看過できない挑発行為だ」と厳しく批判した。
 決議は「北朝鮮が核兵器の開発も含め、あらゆる軍事的挑発行為を放棄し、拉致問題を早期に全面解決することも強く求める」と強調。政府に対しては「新たな制裁措置等を検討するとともに、北朝鮮に対する国際的な圧力を高めるため、関係各国との連携強化に一層の努力を尽くすべきだ」と求めた。 
 決議採択を受け、菅直人首相は衆参の本会議で「引き続き情報収集に努め、国連安全保障理事会での対応を含め、韓国、米国をはじめとする関係国と連携しながらしっかり対応する」と表明した。(2010/11/26-19:58)

« 国会会期、延長せず=郵政、派遣法は継続審議-政府・民主方針 | トップページ | ソマリア首都、2年で4千人犠牲 政府側に非と救急当局 »

「国内情勢」カテゴリの記事