無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 毎日社説:武器輸出三原則 理念守る歯止めが必要 | トップページ | 主要任務に「協調的安全保障」=新戦略概念採択―NATO首脳会議 »

2010年11月19日 (金)

民主、歳費1割削減案を了承 政治改革本部、定数削減までの暫定措置?

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111901000346.html

民主、歳費1割削減案を了承 政治改革本部

 民主党は19日昼、国会内で政治改革推進本部(本部長・岡田克也幹事長)の総会を開き、前回、反対論が相次ぎ結論を持ち越していた国会議員歳費の1割削減案を了承した。各党の理解が得られれば、今国会に関連法案を提出したい考え。

 前回は若手議員を中心に日常の政治活動に支障が出ることへの懸念や、マニフェスト(政権公約)で掲げた議員定数削減を先に実現すべきだとの批判が続出。このため執行部は歳費削減が定数削減が実現するまでの暫定措置であることを強調して理解を求めた。

 また企業・団体献金の全面禁止を盛り込んだ政治資金規正法改正案を来年の通常国会に提出することも提案し、了承された。

http://www.asahi.com/politics/update/1119/TKY201011190275.html
民主、議員歳費の1割減方針を了承 法案提出へ

2010年11月19日13時7分
 民主党政治改革推進本部(本部長・岡田克也幹事長)は19日、国会内で開いた全議員対象の総会で、国会議員の歳費を来年度から1割削減する関連法案を来年の通常国会に提出する方針を了承した。

 12日の総会で異論が噴出し、正式決定を先送りしていたが、党執行部が歳費を削減する期間について、定数削減などで議員にかかわる経費を2割削減するまでの間の「暫定措置」とすることを提案し、提出することについては合意を取り付けた。

 歳費削減をめぐっては、公明党が1割削減、みんなの党が3割削減を盛り込んだ法案をそれぞれ国会に提出しており、今後、与野党で協議する。

« 毎日社説:武器輸出三原則 理念守る歯止めが必要 | トップページ | 主要任務に「協調的安全保障」=新戦略概念採択―NATO首脳会議 »

「国内情勢」カテゴリの記事