無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 前原外相「私はタカ派でなく現実主義者」 中国紙に掲載 | トップページ | 高校無償化 朝鮮学校一転棚上げ 手続き停止、首相が指示 »

2010年11月24日 (水)

三原則見直しに異論続出=新防衛大綱提言案で-民主調査会

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112400892
三原則見直しに異論続出=新防衛大綱提言案で-民主調査会

 民主党の外交・安全保障調査会は24日午後、衆院議員会館で党所属全議員を対象とする全体会合を開き、政府が年内にまとめる新たな防衛計画大綱(防衛大綱)に関する提言案について議論した。中川正春会長は、先にまとめた素案から、反対論が強かった後方部門専従の自衛官新設や統合幕僚長らを認証官とする内容を削除した原案を提示したが、武器輸出三原則の見直しなどに異論が相次いだ。
 護憲派でつくる議員グループ「リベラルの会」世話人の今野東参院議員は、原案に盛り込まれた武器輸出三原則見直しについて「今までの民主党の考えと違う。いろんな点があいまいだ」と批判。「日本のソフトなイメージを損なう。リスクが大きい」との慎重論も出された。国連の役割をどう位置付けるかが不明確だとの指摘もあった。
 中川氏らは25日以降も全体会合を開いて意見集約を進め、月内に調査会としての提言案を取りまとめたい考えだ。(2010/11/24-18:43)

« 前原外相「私はタカ派でなく現実主義者」 中国紙に掲載 | トップページ | 高校無償化 朝鮮学校一転棚上げ 手続き停止、首相が指示 »

「国内情勢」カテゴリの記事