無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛省:哨戒機P1、10機調達へ 対中警戒強化 | トップページ | 雑記(137)ゴーヤーを伐りました »

2010年11月17日 (水)

防衛大綱の議論開始=武器三原則見直しに慎重論も-民主

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
防衛大綱の議論開始=武器三原則見直しに慎重論も-民主

 民主党の外交・安全保障調査会は17日夕、衆院議員会館で役員会を開き、政府が年内にまとめる新たな防衛計画大綱(防衛大綱)に関する提言素案について論議を開始した。中川正春会長は「国民に納得してもらえる党の意見を集約したい」とあいさつ。役員会では、党政策調査会の了承を得た上で月内に政府に提言を提出することを確認した。
 提言素案は(1)すべての武器や関連技術の輸出を原則として禁じる武器輸出三原則の見直し(2)沖縄を含む南西諸島の防衛強化-などが柱。
 出席者からは「踏み込んだ中身だが政権政党として責任ある対応が必要だ」などとして、素案を容認する意見が上がった。その一方で、武器輸出三原則の見直しに関し「日本は武器輸出三原則で国際社会から評価されてきた。それを変えることでどのようなマイナスの影響があるか、検証する必要がある」と、慎重な議論を求める声も出た。(2010/11/17-19:35)

« 防衛省:哨戒機P1、10機調達へ 対中警戒強化 | トップページ | 雑記(137)ゴーヤーを伐りました »

「国内情勢」カテゴリの記事