無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 交渉6割、武力4割弱=領土紛争解決で中国世論調査 | トップページ | 前原外相「タカ派」返上? お手本は中曽根元首相 »

2010年11月 8日 (月)

与那国に『沿岸監視隊』 中国艦船 レーダー監視

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010110802000037.html
与那国に『沿岸監視隊』 中国艦船 レーダー監視

2010年11月8日 朝刊

 中国海軍の活動を受けて、防衛省が先島(さきしま)諸島の与那国(よなぐに)島に配備を検討している陸上自衛隊の部隊の全容が判明した。中国や台湾で交わされる軍の通信を傍受したり、尖閣諸島を含む東シナ海を航行する中国艦船をレーダーで監視する「沿岸監視隊」を配備する。戦闘部隊ではなく、情報収集の専門部隊だが、南西防衛の最前線となるため、中国、台湾が反発を強めることも予想される。

 陸自の部隊は、第一五旅団(約二千百人)が置かれている沖縄本島が最南端。先島諸島に部隊はない。陸自は宮古島か石垣島に普通科(歩兵)一個中隊(約二百人)の配備を目指してきたが、与那国町からの誘致を受け、同島への部隊配備を優先することにした。

 配備される沿岸監視隊は、東シナ海を航行する艦船や航空機を探知するレーダーと、軍隊内部の通信を傍受して記録する電波監視装置を併せ持ち、中国語に堪能な隊員も配備。部隊規模は百人から二百人程度を予定している。沿岸警備の任務はなく、装備する武器は部隊防護のための機銃程度となる。

 レーダーは既に宮古島と久米島に航空自衛隊の本格的な施設がある。また電波監視装置は喜界島(鹿児島県)に中国南部の軍通信を傍受する「象のオリ」があり、同様の装置は宮古島の空自レーダー基地にも昨年四月に置かれた。

 日本最西端の与那国島に誕生する沿岸監視隊は、これらの施設の能力を補完。収集した情報は上部の陸自西部方面総監部(熊本市)ばかりでなく、東京の防衛省情報本部でも集約、分析される。

 防衛省は来年度予算の防衛費で先島諸島への部隊配備のための調査費三千万円を計上、与那国島で候補地を探すことにしている。

« 交渉6割、武力4割弱=領土紛争解決で中国世論調査 | トップページ | 前原外相「タカ派」返上? お手本は中曽根元首相 »

「国内情勢」カテゴリの記事