無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出三原則 首相、見直し了承 情勢緊迫で方針転換 | トップページ | 主張/民主「防衛大綱」提言/自民党以上に危険な内容だ »

2010年11月28日 (日)

中国外相、緊張緩和へ新枠組みを=ロシア側も賛同

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112700318
中国外相、緊張緩和へ新枠組みを=ロシア側も賛同

 【北京時事】中国外務省によると、楊潔◆(竹カンムリに褫のつくり)外相は27日、ロシアのラブロフ外相らと電話で会談し、「(北朝鮮の核問題をめぐる)6カ国協議再開のための条件づくりを積極化し、関連する仕組みの早期構築に尽力してほしい」と述べ、緊迫化する北朝鮮情勢の緩和に向け、新たな対話の枠組みづくりなどの必要性を訴えた。
 6カ国協議の早期再開には日米韓が慎重な姿勢を崩していない。こうした中、楊外相は新たな枠組み創設を呼び掛け、「朝鮮半島と地域の平和と安定を脅かす要因を取り除く」ことを要請。事態の拡大阻止のための行動を促したとみられる。
 これに対し、ラブロフ外相は「ロシアは中国側の考えに賛同し、半島情勢の緊張を緩和し、6カ国協議再開に向けた条件をつくりたい」と表明したという。 
 楊外相は26日、中国駐在の北朝鮮大使と会談したほか、韓国外交通商相や米国務長官と電話で会談。27日は前原誠司外相とも電話会談しており、これで北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議のメンバーすべての外相らと意見を交わした。(2010/11/27-21:07)

« 武器輸出三原則 首相、見直し了承 情勢緊迫で方針転換 | トップページ | 主張/民主「防衛大綱」提言/自民党以上に危険な内容だ »

「国際情勢」カテゴリの記事