無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 思いやり予算、日米で平行線=APEC後に再協議 | トップページ | F35軸に12年度予算化へ 次期戦闘機で防衛省 »

2010年11月 6日 (土)

八ツ場ダム、中止前提の方針撤回 国交相「予断持たず検証」

また公約破り。民主党はどうなっているのか。衆議院を解散して、議席を返上するしかないのか。(高田)
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110601000418.html

八ツ場ダム、中止前提の方針撤回 国交相「予断持たず検証」

 馬淵澄夫国土交通相は6日午後、八ツ場ダム(群馬県)の建設について「私が大臣のうちは『中止の方向性』という言葉に言及しない。予断を持たず検証を進める」と述べ、前原誠司前国交相が表明した中止前提の方針を事実上、撤回した。建設予定地を視察後、大沢正明群馬県知事らとの意見交換で明らかにした。

 さらに八ツ場ダム建設の是非を検証する結果を出す時期について、馬淵氏は「2012年度予算案に反映できる時期で(来年の)秋ごろだ」と説明した。

 昨年9月に前原氏が表明した中止路線を引き継いだ馬淵氏は、これまで「全国のダム事業は予断なく検証する」としながらも、八ツ場ダムは民主党のマニフェスト(政権公約)に基づき中止すると明言していた。

« 思いやり予算、日米で平行線=APEC後に再協議 | トップページ | F35軸に12年度予算化へ 次期戦闘機で防衛省 »

「国内情勢」カテゴリの記事