無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 参院憲法審、規程制定で合意=民・自、今国会目指す | トップページ | 尖閣で決議呼び掛け=自民 »

2010年10月20日 (水)

中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000669-yom-int

中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う?

読売新聞 10月20日(水)14時33分配信
 【北京=大木聖馬】中国の国際問題専門紙「環球時報」(電子版)は19日、中国政府が今月14日に沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖に漁業監視船3隻を派遣した、と報じた。

 派遣されたのは「漁政202号」(1000トン)、「漁政118号」(同)と江蘇省漁政総隊に所属する500トン級の漁業監視船。管轄する農業省の高官は14日、「釣魚島の海域に行って漁業活動を保護することは国家主権を守ることであり、漁民の合法的権益を保護するものだ」と述べていた。3隻は20日現在も同海域で活動を続けている可能性がある。

 9月7日に起きた同諸島沖での中国漁船衝突事件後、中国は監視船2隻を同24日に派遣したが、今月4日の日中首脳会談後の同6日、2隻は海域を離れた。今回、中国は3隻に増強しており、監視船の常駐化を着実に進めている。

« 参院憲法審、規程制定で合意=民・自、今国会目指す | トップページ | 尖閣で決議呼び掛け=自民 »

「国際情勢」カテゴリの記事