無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 中国、6カ国協議の定例化提案 毎月1回の開催模索 | トップページ | 擦り寄る社民 “閣外協力”で生き残り »

2010年10月25日 (月)

菅首相「安保環境の厳しさ増す」観閲式で訓示

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101024-OYT1T00500.htm
菅首相「安保環境の厳しさ増す」観閲式で訓示
尖閣

 菅首相は24日、陸上自衛隊の朝霞訓練場(埼玉県)で行われた自衛隊観閲式で訓示し、日本周辺の安全保障環境について「ミサイルや核兵器の開発が懸念される北朝鮮や、軍事力の近代化を進め、海洋における活動を活発化させている中国に見られるように厳しさを増している」との認識を示した。

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を念頭に「自衛隊は多様な事態に実効的に対処しうる態勢を常に取っておく必要がある」と強調し、年末の防衛大綱策定に合わせて、防衛力整備のあり方を積極的に見直す考えを示した。

 また、今年は日米安全保障条約改定から50周年に当たることから、首相は「日米同盟は我が国の防衛のみならず、アジア太平洋地域の安定と繁栄を支えるうえで、重要な役割を果たしている。21世紀にふさわしい形で着実に深化させていきたい」と述べた。
(2010年10月24日20時20分  読売新聞)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-10-25/2010102501_01_1.html
中国などに警戒感
自衛隊観閲式 菅首相が訓示

 自衛隊観閲式が24日、陸上自衛隊朝霞駐屯地(埼玉県朝霞市、新座市など)で行われ、隊員3800人、車両240両、航空機約60機が参加し、周辺の住宅地に激しい爆音をもたらしました。

 観閲式に初めて出席した菅直人首相は訓示で、「ミサイル・核兵器開発が懸念される北朝鮮、軍事力の近代化を進め、海洋での活動を活発化させている中国に見られるように、安全保障環境は厳しさを増している」と指摘。中国・北朝鮮を名指しして警戒感を示しました。

 また、日米安保条約改定50年にふれ、「日米の同盟関係を21世紀にふさわしい形で着実に深化させていく」と表明。PKO(国際平和維持活動)やソマリア沖アデン湾への派兵などを挙げ、「国際的な活動に果敢に取り組む」と述べました。

 今回の観閲式には在日米軍が初めて参加し、米空軍三沢基地(青森県)所属のF16戦闘機3機と米陸軍キャンプ座間(神奈川県)所属のUH60ヘリ3機が駐屯地上空を飛行しました。

 観閲式は1955年10月1日、旧防衛庁創立1周年記念行事として行われ、現在は陸海空自衛隊の持ち回りで行われています。

« 中国、6カ国協議の定例化提案 毎月1回の開催模索 | トップページ | 擦り寄る社民 “閣外協力”で生き残り »

「国内情勢」カテゴリの記事