無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国民新:亀井代表、社民・福島党首と会談…連携に活路求め | トップページ | 軍事偵察衛星 188億円を計上 »

2010年10月29日 (金)

日米共同宣言は見送り 11月のオバマ大統領訪日

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010102901000158.html
日米共同宣言は見送り 11月のオバマ大統領訪日

2010年10月29日 09時15分

 【ワシントン共同】米国家安全保障会議のベーダー・アジア上級部長は28日の記者会見で、オバマ大統領の11月の訪日時に日米同盟深化に向けた共同宣言は策定されないとの見通しを示した。日米安保条約改定50年の節目に合わせ、両政府は1996年の日米安保共同宣言に代わる宣言を検討したが、鳩山前政権の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる迷走で、同盟深化の議論は棚上げされていた。

 ベーダー氏は、今回の訪日はアジア太平洋経済協力会議(APEC)出席という多国間外交が主眼だと指摘し「共同宣言の機会ではない」と述べた。昨年の民主党政権誕生以来、日本が「移行期で難しい時期」にあるとも指摘。米政府として、同盟をめぐる相違点の解決と「忍耐」が対日政策の軸だと語った。

 両政府には、普天間問題の行方を左右する11月28日の沖縄県知事選を見守る思惑もありそうだ。

 一方ホワイトハウスは28日、オバマ大統領のアジア歴訪日程を正式に発表した。オバマ氏は11月12日にAPEC出席のため訪日し、13日に菅直人首相と会談する。

« 国民新:亀井代表、社民・福島党首と会談…連携に活路求め | トップページ | 軍事偵察衛星 188億円を計上 »

日米関係」カテゴリの記事