無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 社民党内に連立復帰論も 北海道5区補選では民主推薦 | トップページ | 北沢防衛相:中国国防相との会談へ調整 ASEAN会議で »

2010年10月 1日 (金)

【尖閣衝突事件】原口氏らの超党派「主権議連」発足 4日に石垣島住民と意見交換へ 現地視察も

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101001/stt1010011045001-n1.htm
【尖閣衝突事件】原口氏らの超党派「主権議連」発足 4日に石垣島住民と意見交換へ 現地視察も
2010.10.1 10:43
このニュースのトピックス:領土問題

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の中国漁船衝突事件を踏まえ、民主党の原口一博前総務相、自民党の岩屋毅元外務副大臣ら超党派の中堅・若手による「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」が1日、発足した。国会内で開かれた初会合には民主、自民、みんな、国民新の各党と無所属の国会議員33人が出席し、共同座長に原口、岩屋両氏を選んだ。

 出席者からは、南シナ海で中国から島嶼部の領土を脅かされている東南アジア諸国を中心に、海外の国会議員と連携していくべきだとの意見が出た。

 同議連は4日に沖縄・石垣島の自治体、漁業関係者と都内で意見交換するほか、今後、尖閣諸島の上空視察も検討している。

 原口氏は会合後、記者団に「主権と国益を守るため、党派を超えて力強く行動していく」と語った。

« 社民党内に連立復帰論も 北海道5区補選では民主推薦 | トップページ | 北沢防衛相:中国国防相との会談へ調整 ASEAN会議で »

「国内情勢」カテゴリの記事