無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« [普天間移設問題]再浮上したグアム移転 | トップページ | 武器輸出三原則見直し、米国防長官が期待感 »

2010年10月13日 (水)

仙谷氏、米政府に抗議せず 臨界前核実験で

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010101301000611.html
仙谷氏、米政府に抗議せず 臨界前核実験で

2010年10月13日 17時40分

 仙谷由人官房長官は13日午後の記者会見で、米政府が実施した臨界前核実験について「包括的核実験禁止条約(CTBT)で禁止されている核爆発は伴わないと理解している。抗議や申し入れは考えていない」と述べ、容認する考えを示した。

 同時に「核兵器の安全性、信頼性を確保するために行っていると承知している」と説明。ただ「核兵器のない世界を目指すとの立場から、検討すべき事項だ」とも指摘し、将来的には実験の是非を議論する必要性もあるとの認識を示した。

 社民党の福島瑞穂党首は「『核なき世界』を訴えてもらったノーベル平和賞を、オバマ米大統領は返上すべきだ」と強く抗議。「超核大国の米国こそ、核を縮小すべきだ」と強調した。
(共同)

« [普天間移設問題]再浮上したグアム移転 | トップページ | 武器輸出三原則見直し、米国防長官が期待感 »

日米関係」カテゴリの記事