無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <スコープ>過熱する離島防衛論 『尖閣や与那国に自衛隊配備を』 | トップページ | 自衛隊海外派遣、武器使用基準を議論へ 前原外相が表明 »

2010年10月 5日 (火)

尖閣、温首相が「固有の領土」と主張…中国発表

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101005-OYT1T00165.htm?from=main1
尖閣、温首相が「固有の領土」と主張…中国発表
尖閣
アジア欧州会議の記念撮影に臨む菅首相(左上)と中国の温家宝首相(手前)=ロイター

 【ブリュッセル=円入哲也、大木聖馬】菅首相は4日夜(日本時間5日未明)、ブリュッセルの王宮内で中国の温家宝首相と約25分間、会談した。

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で悪化した日中関係について、両首脳は「現在の状況は好ましくない」との認識で一致。両国が戦略的互恵関係を進展させるとの原点に戻ることを確認した。先月7日の漁船衝突事件後、日中首脳が会談するのは初めて。日本が中国人船長を釈放して以降、中国の強硬姿勢には軟化の兆しも見られ、今回の会談をきっかけに、関係改善への動きが加速すると期待する見方もある。

 会談後、菅首相が記者団に明らかにした。日本側は当初、会談は実現しないと見ていたが、中国側は温首相に日本専門家を同行させ、一定の準備をしていたことをうかがわせた。

 両首脳は、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議の夕食会終了後、会場外の廊下のいすに座り、英語の通訳を介して会談した。両首脳は、日中のハイレベル協議を適宜行うことのほか、衝突事件で延期されている各種の民間交流を復活させる方針でも合意した。

 中国外務省によると、温首相は菅首相に対し、「中日(両国)の戦略的互恵関係を守り、推進することは、両国と両国民の根本的な利益に合致する」と述べたという。

 ただ、尖閣諸島の領有権問題をめぐっては、菅首相が「わが国固有の領土であり、領土問題は存在しない」と表明。中国外務省によると、温首相も「中国固有の領土だ」と述べたといい、双方の主張は平行線のままだった。

 また、中国外務省は5日、両首脳の接触は「交談(語り合うの意)」だったと発表し、正式な「会談」とは位置づけない姿勢を示した。

 菅首相は会談後、記者団に「6月に政権を担当した直後に(中国の)胡錦濤国家主席と会い、戦略的互恵関係を確認した。その原点に戻る話ができたのはよかった」と語った。

 ◆日中首脳会談の骨子◆

 ▽日中関係の現状は好ましくないとの認識で一致

 ▽戦略的互恵関係を進展させることを確認

 ▽ハイレベル協議の適宜開催、民間交流の復活で合意

 ▽菅首相は尖閣諸島は「我が国固有の領土で領土問題は存在しない」と指摘。温首相は「中国固有の領土」と主張
(2010年10月5日12時09分  読売新聞)

« <スコープ>過熱する離島防衛論 『尖閣や与那国に自衛隊配備を』 | トップページ | 自衛隊海外派遣、武器使用基準を議論へ 前原外相が表明 »

「国際情勢」カテゴリの記事