無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 候補擁立、結論出ず=民主幹事長と県連代表が会談-沖縄知事選 | トップページ | 「蓮舫氏なら勝てる」 都知事選で鳩山兄弟 »

2010年10月21日 (木)

防衛省、潜水艦22隻態勢に増強 中国軍の動向警戒

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102001000933.html

防衛省、潜水艦22隻態勢に増強 中国軍の動向警戒

 防衛省は海上自衛隊の潜水艦を現在の16隻から22隻態勢へ増やす方針を固めた。12月に取りまとめる新たな「防衛計画の大綱」(2011~15年度)の別表に盛りこむ見通しだ。20隻以上の潜水艦を配備するのは防衛計画を策定した1976年以降初めて。日本周辺から太平洋にわたる海域で中国が軍事的な動きを活発化させており、防衛省は潜水艦の増加で東シナ海を中心に警戒監視の海域を拡大させる必要があると判断した。複数の防衛省、自衛隊関係者が20日、明らかにした。

 04年12月に閣議決定した現行の防衛大綱は中国について「軍の近代化や海洋活動の範囲拡大には注目する必要がある」と指摘。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件も受け、新大綱ではさらに警戒感を強める見込みで、潜水艦の増強はその象徴的な対応となる。

 ただ潜水艦の運用は自衛隊の中でも最も高度な機密とされる。今回の措置が日本の安全保障にどの程度の効果があるか見定めきれない。

 関係者によると、現役の潜水艦の退役時期を予定より延ばすことで、段階的に22隻態勢に移行する予定。教育訓練用の2隻を加えると、計24隻となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101022-00000201-yom-pol

防衛省、海自潜水艦を20隻以上に増強へ

読売新聞 10月22日(金)8時21分配信
 防衛省は21日、16隻体制で運用している海上自衛隊の潜水艦を20隻以上に増やす方針を固めた。

 中国海軍が日本近海で軍事活動を活発化させており、警戒監視活動や情報収集力を強化する必要があると判断した。年末に策定する「防衛計画の大綱」(防衛大綱)に盛り込みたい考えだ。同省は1976年の最初の大綱策定以来、潜水艦の16隻体制を維持してきた。

« 候補擁立、結論出ず=民主幹事長と県連代表が会談-沖縄知事選 | トップページ | 「蓮舫氏なら勝てる」 都知事選で鳩山兄弟 »

「国内情勢」カテゴリの記事