無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« “核なき世界”へ熱気/島根「9条の会」が憲法セミナー | トップページ | 日中の傷の深さ浮き彫りに=修復シナリオ崩れる-首相外遊 »

2010年10月31日 (日)

日本、ベトナムから原発2基受注 両国首脳会談で合意

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-10-31/2010103104_01_1.html
日本、ベトナムから原発2基受注 両国首脳会談で合意

2010年10月31日 13時49分

 歓迎式典後、首脳会談へ向かうベトナムのズン首相(左)と菅首相=31日午前、ハノイ(代表撮影・共同)

 【ハノイ共同】菅直人首相は31日午前(日本時間同)、ベトナムのグエン・タン・ズン首相とハノイ市内で会談し、同国が進めている原子力発電所2基の建設を日本が受注することで合意した。ベトナムでのレアアース(希土類)の探査、開発、精製を両国が共同で行うことでも一致した。

 両首相は会談後、これらの内容を盛り込んだ共同声明を発表した。

 会談で菅首相は「日本の優れた技術と知見を活用し、ベトナムの経済発展を支える」と述べ、港湾建設などに約790億円の円借款を供与する意向を伝達。ズン首相は謝意を表明した。

 ベトナムが電力不足解消のため建設を予定している原発4基のうち、受注先が決まっていない2基について日本は官民一体で受注を目指していた。両国は原子力協定締結に実質合意しており、会談で両首相は早期の正式署名を確認した。

 会談では、ベトナムが交渉に参加している環太平洋連携協定(TPP)についても意見を交わしたとみられる。

« “核なき世界”へ熱気/島根「9条の会」が憲法セミナー | トップページ | 日中の傷の深さ浮き彫りに=修復シナリオ崩れる-首相外遊 »

「国際情勢」カテゴリの記事