無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 10月10日、東京大田区蒲田駅前で粗シール投票 | トップページ | 仲井真、伊波氏 決戦へ 知事選告示まで1ヵ月2010年10月11日 »

2010年10月11日 (月)

武器三原則見直しに意欲 防衛相、ゲーツ氏へ伝達も

こうして着々と、新安保防衛懇報告=防衛大綱(予定)の既成事実化が進んでいくのを許してはならない。(高田)
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101001000595.html

武器三原則見直しに意欲 防衛相、ゲーツ氏へ伝達も

 【ハノイ共同】北沢俊美防衛相は10日夜、武器輸出三原則見直しに意欲を示し、11日のゲーツ米国防長官との会談でもこうした自らの見解を説明したい意向を示した。同日に予定される中国の梁光烈国防相との会談では、日中間で不測の事態の発生防止に向けた防衛当局間の海上連絡体制の構築を急ぐ必要性について言及すると表明した。訪問先のハノイで同行記者団に語った。

 武器三原則見直しの必要性をめぐっては、日本が次期支援戦闘機(FX)などの国際共同開発に参加できず、後れを取っていると指摘。「身動きが取れない形で(国内の)防衛生産基盤、技術基盤が劣化するのを手をこまねいて見ているわけにはいかない」とした。

 同時に「平和国家の理念を見据えた上で、時代にマッチした新武器輸出三原則のようなものをつくり出せればと思っている」と強調。ただ「閣内の調整、菅直人首相の十分な理解を得なければならない」とも述べ、政府の統一見解とするにはなお調整が必要になるとの認識を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/1011/TKY201010100347.html
「武器輸出三原則」見直しを検討 北沢防衛相が表明

 【ハノイ=河口健太郎】ベトナムを訪問中の北沢俊美防衛相は10日、同行記者団と懇談し、原則すべての武器の輸出を禁じる武器輸出三原則について「新・武器輸出三原則を作り出したらどうか」と述べ、見直しを検討する考えを表明した。

 11日に当地で開かれる予定の日米防衛首脳会談で、ゲーツ米国防長官にこうした考えを伝える方針。北沢氏は、年末に決定する新しい「防衛計画の大綱」(防衛大綱)で「一定の方向性を出すべきではないか」とも語った。

 理由については「国際的には共同開発が主流になってくる中で、身動きのとれないような形で(日本の)生産基盤や技術基盤が劣化していくのを手をこまねいてみているわけにはいかない」と述べ、国内の防衛産業育成の必要性を挙げた。一方、「閣内の調整、十分な理解を得る努力をしないといけない。防衛相としての一つの考え方だ」と、菅内閣として方針決定していないことも強調した。首相周辺も「政府が了解したというのではなく防衛相の思いだ」としている。

 武器輸出三原則は、1967年に佐藤内閣が、(1)共産圏諸国(2)国連決議で禁止された国(3)国際紛争当事国または恐れのある国――への武器輸出を認めない方針を表明。76年に三木内閣が原則禁止に適用を拡大した。83年に中曽根内閣が米国に対する技術供与を認め、04年には小泉内閣がミサイル防衛の日米共同開発・生産に限り、厳格な管理を条件に例外としている。

 今年8月には、民間有識者の「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の報告書で武器輸出三原則の見直しを求めている。

 ただ、非核三原則と並ぶ戦後日本の「平和国家」像の象徴でもあり、北沢氏も新三原則のイメージについて「平和国家の理念を見据えたうえで、今日の世界情勢にマッチしたようなもの」と説明した。

 北沢氏は1月にも見直しに言及したが、当時連立を組んでいた社民党が反発し、議論は止まっていた。

« 10月10日、東京大田区蒲田駅前で粗シール投票 | トップページ | 仲井真、伊波氏 決戦へ 知事選告示まで1ヵ月2010年10月11日 »

「国内情勢」カテゴリの記事