無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣、温首相が「固有の領土」と主張…中国発表 | トップページ | 高田の馬場のシール投票 »

2010年10月 6日 (水)

自衛隊海外派遣、武器使用基準を議論へ 前原外相が表明

http://www.asahi.com/politics/update/1005/TKY201010050397.html
自衛隊海外派遣、武器使用基準を議論へ 前原外相が表明

 前原誠司外相は5日の記者会見で、国連平和維持活動(PKO)などに参加した自衛隊の武器使用基準の緩和や海外派遣のあり方について関係省庁の副大臣レベルで協議機関を設け、菅内閣として前向きに検討を進める考えを表明した。北沢俊美防衛相も同日の会見で「これから海外派遣は間違いなく増えていく。一度真剣に考えてみる必要はある」との考えを示した。

 前原氏は野党時代から「日本が同じ場所で活動していて他の国の部隊が攻撃された時、日本は(助けることが)できない」などと基準緩和の必要性を主張していた。

 内閣府の東祥三副大臣によると、仙谷由人官房長官の下に外務省、防衛省、内閣府などの副大臣らによる会議を10月中に新設。自衛隊の過去の海外派遣を検証し、今年度中にも今後の方向性を示す。

« 尖閣、温首相が「固有の領土」と主張…中国発表 | トップページ | 高田の馬場のシール投票 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事