無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣の領有権「1ミリとも譲る気持ちない」 前原外相 | トップページ | 南西諸島防衛 日米 初の訓練  »

2010年10月16日 (土)

沖縄知事選で独自候補擁立を模索…与党関係議員

喜納さん、どうしたの?(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101015-OYT1T01143.htm
沖縄知事選で独自候補擁立を模索…与党関係議員
基地移設

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉前参院議員、下地国民新党幹事長ら与党の沖縄関係の議員らが15日、国会内で会談し、同県知事選(11月11日告示、同28日投開票)について、与党の独自候補擁立を模索する方針で一致した。

 ただ、民主党執行部では、米軍普天間飛行場移設問題で日米合意に基づく名護市辺野古への移設に県民の理解を求めるのは難しいとみて、「独自候補は擁立せず、自主投票はやむを得ない」との見方が広がっている。
(2010年10月15日21時11分  読売新聞)

« 尖閣の領有権「1ミリとも譲る気持ちない」 前原外相 | トップページ | 南西諸島防衛 日米 初の訓練  »

日米関係」カテゴリの記事