無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器輸出三原則見直し、重ねて強調=北沢防衛相 | トップページ | 名護市議会、普天間移設「県内反対」を決議/賛成多数 市議会史上初 »

2010年10月15日 (金)

アフガンへ防衛医官ら10人派遣 教育訓練で年内にも

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101401000959.html

アフガンへ防衛医官ら10人派遣 教育訓練で年内にも

 政府は14日、反政府武装勢力タリバンへの掃討作戦が続くアフガニスタンへ自衛隊の医官と看護官ら約10人を年内にも派遣する方向で調整に入った。アフガン復興支援の一環として、医療関連の教育訓練を実施する。複数の防衛省、自衛隊関係者が明らかにした。タリバン勢力の反撃に苦慮する米軍が各国に人的支援の強化を求めている現状を踏まえ「同盟国としてできる限り応える必要がある」(政府筋)と判断した。

 北大西洋条約機構(NATO)も11月の首脳会議でアフガン対応について協議し、新たな支援を決める見通しだ。医官らの派遣はこれにも呼応した動きで、日本の人的貢献を国際社会にアピールする狙いがある。

 実現すれば、駐在武官を除いてアフガンへの初の自衛官派遣となる。

 医官らについては憲法違反とされる「武力行使との一体化」を避けるため、米軍を中核としてアフガン全土で展開している国際治安支援部隊(ISAF)の傘下には置かない。新法制定や現行法改正による対応は見送り、防衛省設置法に規定された「教育訓練」として派遣する方向で、内閣法制局と調整している。

« 武器輸出三原則見直し、重ねて強調=北沢防衛相 | トップページ | 名護市議会、普天間移設「県内反対」を決議/賛成多数 市議会史上初 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事