無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 前原外相発言が障害に=日中首脳会談の実現で-中国 | トップページ | 菅首相「安保環境の厳しさ増す」観閲式で訓示 »

2010年10月25日 (月)

中国、6カ国協議の定例化提案 毎月1回の開催模索

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102501000107.html

中国、6カ国協議の定例化提案 毎月1回の開催模索 

 【ワシントン共同】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議について、議長国中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表が米国や日本などの協議参加国に対し、協議が再開した場合には1カ月に1回程度開催することとし、会合を定例化するよう提案していたことが24日、分かった。協議筋が明らかにした。

 しかし、提案を受けた日米両国はともに、韓国海軍哨戒艦沈没について北朝鮮が責任を認めておらず、再開に向けた環境が整っていない段階だと指摘。「再開後の協議の進め方を議論するのは時期尚早だ」として、現時点での提案の受け入れは拒否した。

 中国側は、6カ国協議が再開されても北朝鮮と参加国間の関係悪化などで再び長期にわたって中断することを懸念。協議を定例化し各国の出席を義務付けることで、円滑な協議の進展を図りたい意向だが、哨戒艦沈没を棚上げしてでも再開しようとしている姿勢も浮き彫りにした。

 協議筋によると、武特別代表は日本に対しては8月末の訪日時に、米国には9月初めの訪米時に提案した。武特別代表は8月下旬に韓国も訪問しており、同様の提案を示したとみられる。韓国の反応は不明。

« 前原外相発言が障害に=日中首脳会談の実現で-中国 | トップページ | 菅首相「安保環境の厳しさ増す」観閲式で訓示 »

「国際情勢」カテゴリの記事