無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 郵政法案を閣議決定=施行日は半年延期 | トップページ | 「沖縄に限定せずやるべきだ」 普天間移設で仲井真知事2010年10月8日 »

2010年10月 8日 (金)

日中防衛相会談、外務省打診せず=北沢氏「腹が立つ」

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010100800224
日中防衛相会談、外務省打診せず=北沢氏「腹が立つ」

 北沢俊美防衛相は8日午前の記者会見で、ベトナムのハノイで11日に開催する方向で検討している日中防衛相会談について、外務省が中国政府に開催を打診していなかったことを明らかにした。
 防衛相らによると、外務省は、日中防衛相会談の日程調整を指示する公電を在北京日本大使館に送らなかった。このため、北京大使館は中国側との調整を行わなかったという。
 防衛相は「ゆうべそういう事実が分かったから、(前原誠司)外相と連絡を取った。外相は全く承知しておらず、公電を発するように(事務方を)指導してくれた」と述べた。さらに「外務省は『待ってくれ』と言うだけで、理由が分からないから腹が立っている」と強い不快感を示した。 
 ハノイでは12日に東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大防衛相会議が開かれ、アジア地域の安全保障体制などについて協議する。防衛相はハノイで、ゲーツ米国防長官ら各国国防相と会談するほか、中国の梁光烈国防相との会談にも意欲を示している。(2010/10/08-12:43)

« 郵政法案を閣議決定=施行日は半年延期 | トップページ | 「沖縄に限定せずやるべきだ」 普天間移設で仲井真知事2010年10月8日 »

「国内情勢」カテゴリの記事