無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 沖縄県知事選立候補予定者 政策対論2010年10月25日 | トップページ | 平和望んだ母合祀、許せず=「被害者で戦争協力者ではない」 »

2010年10月26日 (火)

野古移設「反対」73% 普天間問題/34カ所で市民6300人投票

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-10-26_11453/
野古移設「反対」73% 普天間問題/34カ所で市民6300人投票
政治

2010年10月26日 09時22分                   
(57分前に更新)

 【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う市民シール投票が9月12日から19日まで全国34カ所で行われ、その結果、総投票数6301票のうち、移設反対は4613票で全体の73・2%に達し、移設賛成536票(8・5%)を大きく上回った。「分からない」は1152票(18・3%)だった。

 市民シール投票は、「ピースウィーク2010」実行委員会などが主催。先月19日の東京・上野公園を皮切りに、福岡市や東京・原宿、広島市、札幌市など各地の駅前や公園などで投票を呼び掛けた。

 実行委は11月までに、衆参の全国会議員に投票結果を届ける。

 シール投票を実施したワールドピースナウの高田健さんは「辺野古移設問題に対する市民の関心は予想以上に高い。市民は移設反対が強いことがよく分かる」と述べた。

« 沖縄県知事選立候補予定者 政策対論2010年10月25日 | トップページ | 平和望んだ母合祀、許せず=「被害者で戦争協力者ではない」 »

民衆の運動」カテゴリの記事