無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣で決議呼び掛け=自民 | トップページ | 防衛省、潜水艦22隻態勢に増強 中国軍の動向警戒 »

2010年10月21日 (木)

候補擁立、結論出ず=民主幹事長と県連代表が会談-沖縄知事選

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010102100368
候補擁立、結論出ず=民主幹事長と県連代表が会談-沖縄知事選

 民主党の岡田克也幹事長は21日午前、国会内で同党沖縄県連代表の喜納昌吉前参院議員と会談し、沖縄県知事選(来月11日告示、同28日投開票)への対応をめぐって協議した。喜納氏は、自らの立候補を含め独自候補の擁立を求めたが、結論は出なかった。週明けに再協議するという。
 喜納氏は会談で、同氏か国民新党の下地幹郎幹事長のいずれかを候補者とする県連の立場を伝え、岡田氏に理解を求めた。 
 ただ、知事選で焦点となる米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題では、名護市辺野古を移設先とする政府方針に沿わない候補は推薦しないとする民主党本部と、「県外移設」を求める県連の立場にねじれがあり、調整の行方は不透明だ。(2010/10/21-12:49)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010102100022
沖縄知事選「いずれかが出馬」=喜納、下地氏が会談

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉前参院議員ら県連幹部と国民新党の下地幹郎幹事長が20日夜、都内で会談し、沖縄県知事選(11月11日告示、同28日投開票)への対応について協議した。下地氏は会談後、「政策が一致すれば、喜納氏かわたしのどちらかが立候補したい」と記者団に述べた。喜納氏は21日に民主党の岡田克也幹事長と会談し、結論を出す考え。 
 知事選では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題が最大の争点となる見通し。民主党は、名護市辺野古に移設する日米合意に賛同する候補者しか推薦しない方針だが、喜納氏はこれまで県外移設を主張している。(2010/10/21-00:58)

« 尖閣で決議呼び掛け=自民 | トップページ | 防衛省、潜水艦22隻態勢に増強 中国軍の動向警戒 »

日米関係」カテゴリの記事