無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣問題で超党派議連発足=民主、自民中心に33人 | トップページ | 日米軍事演習で「尖閣奪還作戦」 中国の不法占拠想定 »

2010年10月 2日 (土)

10月2日、辺野古、賛成、反対、シール投票in巣鴨&原宿

本日はピースウィーク2010関連の行動で、天候にも恵まれた東京でシール投票が2カ所で行われました。
①午前11時から午後1時まで、巣鴨地蔵通りと巣鴨駅前(前半と後半)で行ったシール投票は、ピースウィーク2010豊島実行委員会の主催で、スタッフが16人、普天間基地の名護市辺野古「移設」に「賛成」が26票、「反対」が159票、「わからない」が26票でした。「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる地域ですが、年配者だけでなく高校生の投票も大変多かったです。スーツ姿のサラリーマンの人びとでも「辺野古移設反対」という人がかなりいました。週刊金曜日と沖縄タイムスの取材がありました。ブログの写真の上、3枚。
②午後2時からは原宿でした。明治神宮の参道の前というきびしい場所でしたし、右翼のデモもあったようで、そうした人が少なからず通ったようです。イベントもあり、人通りは多かったです。スタッフ13人、辺野古移設に「賛成」が78人、「反対」が200人、「わからない」が50人でした。始めた頃はこちらのスタッフも少なく、投票は「賛否」が拮抗する状況で、さすが神宮前だと、厳しさを感じましたが、偶然に、別々の方で沖縄名護市出身だという方が、3名もいて、「ありがとう」と言ってくれたり、子どもとお母さんが意見が違ったり、カップルで意見が違ったり、ものすごく大きな丸い髪の毛にした若い子3人が「反対」に投票してくれたりで、次第に差がつきました。小さなお子さんに「ジュゴンにお引っ越ししてもらうしかないの?」とスタッフが聞かれて、「ジュゴンはね、食べ物のこともあって簡単にお引っ越しできないの」と答えていた風景もありました。この子は「反対」に投じたようです。「賛成」の人はチラシも受け取らない、「確信」者が多かったです。ここでは「尖閣列島の問題をどうするのか」と詰め寄る人も少なくありませんでした。ブログの写真の下2枚。
③明日は、吉祥寺の井の頭公園ですね。天候が心配です。5日の高田馬場はピースボートの若いスタッフの皆さんが頑張ってくれるでしょう。全国の皆さん、ともに頑張って、辺野古「移設」反対の世論を作りましょう。(高田健)

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5

« 尖閣問題で超党派議連発足=民主、自民中心に33人 | トップページ | 日米軍事演習で「尖閣奪還作戦」 中国の不法占拠想定 »

民衆の運動」カテゴリの記事