無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「米国・財界 歓迎内閣だ」/市田書記局長が会見/菅改造内閣が発足 | トップページ | オバマ氏、広島訪問見送り 脆弱な日米関係象徴 世論・中間選挙を勘案 »

2010年9月18日 (土)

前原外相を「歓迎」=同盟深化へ意欲-米国務副長官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010091800110
前原外相を「歓迎」=同盟深化へ意欲-米国務副長官

 【ワシントン時事】スタインバーグ米国務副長官は17日、藤崎一郎駐米大使と国務省で会談した。副長官は、改造内閣で前原誠司氏が外相に起用されたことについて「前原氏は自分もよく知っており、ワシントンに知己も多い。日米関係への関与が強い方なので、歓迎している」と、期待感を表明した。
 改造内閣の発足に関し、副長官は「菅直人首相が引き続き日米関係を重視する発言をしたのを喜んでいる。新しい(日本側の)チームと協力してやっていきたい」と強調。同盟関係深化や米軍普天間飛行場移設問題の解決へ意欲を示した。
 副長官と大使はまた、23日にニューヨークで行われる首相とオバマ大統領の会談内容などをめぐり意見交換した。 
 一方、クローリー国務次官補(広報担当)は17日の記者会見で、民主党幹事長に就任した岡田克也前外相について「日米同盟への大きな貢献に感謝する」と述べた。(2010/09/18-08:32)

« 「米国・財界 歓迎内閣だ」/市田書記局長が会見/菅改造内閣が発足 | トップページ | オバマ氏、広島訪問見送り 脆弱な日米関係象徴 世論・中間選挙を勘案 »

日米関係」カテゴリの記事