無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「総書記会談のための招待」カーター氏、訪朝内幕を寄稿 | トップページ | 米国:北朝鮮機は「ステルス」警戒 布と木、レーダーに映らず »

2010年9月17日 (金)

米国:貧困、最多4356万人 金融危機響き9.4%増--09年

http://mainichi.jp/select/world/news/20100917dde001030058000c.html
米国:貧困、最多4356万人 金融危機響き9.4%増--09年

 【ワシントン共同】米商務省国勢調査局は16日、09年の米貧困層人口が前年比9・4%増の4356万9000人となり、1959年の調査開始以来、過去最多になったと発表した。

 総人口に占める割合を示す「貧困率」も14・3%と前年(13・2%)から大きく上昇、94年(14・5%)以来15年ぶりの高水準となった。金融危機による深刻な景気後退で09年の失業率は急上昇しており、仕事を失い所得がなくなった人が急増したのが理由。雇用改善ペースの遅れから、10年も貧困層人口は高水準が続くとみられ、オバマ政権の支持率低下の一因にもなっている。

 09年の家計所得(中央値)は、4万9777ドル(約427万円)で08年比0・7%減。医療保険に加入していない人数は、前年比433万5000人増の5067万4000人に拡大し、過去最多となった。総人口に占める割合も16・7%で、初めて16%台に達した。

« 「総書記会談のための招待」カーター氏、訪朝内幕を寄稿 | トップページ | 米国:北朝鮮機は「ステルス」警戒 布と木、レーダーに映らず »

「国際情勢」カテゴリの記事