無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間では小沢氏に共鳴=社民幹事長 | トップページ | 民主党代表選:徹底比較・菅VS小沢/1 批判の応酬 場外で暴露合戦も »

2010年9月 2日 (木)

普天間日米合意 官房長官「政府与党一体で決定」

仙谷さんは自らの罪を軽くしようと、努力しているんだね。見苦しいね。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0902/TKY201009020211.html
普天間日米合意 官房長官「政府与党一体で決定」

2010年9月2日13時7分

 仙谷由人官房長官は2日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場の辺野古移設を盛り込んだ5月の日米合意について「合意は政府与党一体的に決定をした」と述べた。

 小沢一郎前幹事長が1日の民主党代表選の共同記者会見で日米合意を覆すような主張をしたことを受け、当時の党幹事長だった小沢氏も合意の責任があるとの認識を示したものだ。

 小沢氏は1日の会見で、普天間問題について「沖縄も米国政府も納得できる案は、知恵を出せば必ずできる」とし、「あの時は政府の政策決定と党のことは分けていて、私は全く関与していない」と発言した。こうした小沢氏の姿勢に対して、仙谷氏は「誠実に(合意を)守っていかなければ、国際社会の中で生きていけない」と牽制(けんせい)した。

« 普天間では小沢氏に共鳴=社民幹事長 | トップページ | 民主党代表選:徹底比較・菅VS小沢/1 批判の応酬 場外で暴露合戦も »

日米関係」カテゴリの記事